Anh Sao人材開発会社(Anh Sao co.,ltd)/のぞみ日本語センター

ベトナムの首都ハノイ、ベトナム北部で翻訳・通訳、リサーチ、コンサルティング、教育・研修等のサービスをご提供しています。

--------------------

日本で介護職に就くことを希望するベトナム人留学生(候補)、介護職のベトナム人技能実習生への日本語サポート、関連サポート

 はじめまして。ベトナムのAnh Sao co.,ltd(アンサオ)、のぞみ日本語センターと申します。当社/当センターは2007年よりベトナムのハノイを中心に通訳・翻訳サービス、日本語教育、ビジネスサポートを10年ほど続けてきた会社、センターです。

 みなさま、当社/当センターの「日本で介護職に就くことを希望するベトナム人留学生(候補)、介護職のベトナム人技能実習生への日本語サポート、関連サポート」のページにお越しいただき、ありがとうございます。

日本で介護職に就くことを希望するベトナム人留学生(候補)、介護職のベトナム人技能実習生への日本語サポート、関連サポートの開始(予定)のごあいさつ

 2017年6月

 当ページをご覧になっている皆様はよくご存知のことかと思われますが、昨年(2016年)11月、外国人の在留資格に「介護」を新設する等の改正が含まれる「出入国管理及び難民認定法(入管法)」の改正法案が可決されました。その法改正により、すでに受け入れが行われている経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人・フィリピン人・ベトナム人看護師・介護福祉士(候補者)の他に、今年(2017年)の秋から日本で介護福祉士の資格を取得した外国人が介護の在留資格で日本で働けるようになるようです。また、外国人技能実習生の実習できる分野に介護が加わることにもなり、日本国内で介護の技能実習生受け入れが開始されることになるようです。

 現在、当社/当センターでは、介護職に就くことを希望するベトナム人留学生と介護職の技能実習生のベトナム人を主要な対象とする、より効果的な日本語教育の研究や調査・実施、そして、日本で介護職に就く外国人(ベトナム人を含む)へのサポートやフォローを行う予定で準備を進めており、この度、ベトナム(と日本)での介護職に就くことを希望するベトナム人留学生と介護職の技能実習生のベトナム人への日本語教育とそのために必要なサポート・サービスをご提供したいと考えております。

大まかなサービス内容と当社/当センターの日本語教育サポートの特徴

 サービスの内容は、大まかには、

  1. 介護職に就くことを希望するベトナム人留学生への日本語教育サポートと関連サポート
  2. 介護職の実習を希望するベトナム人技能実習生への日本語教育サポートと関連サポート
  3. ベトナム人留学生と介護職の技能実習生のベトナム人への日本語教育サポートと関連サポート(正式には、2017年7月以降の制度概要発表の後で、精度概要を確認の上で、スタートする予定です)
  4. 日本で介護職に就く外国人(ベトナム人を含む)へのサポートやフォロー(現時点(2017年6月下旬の時点)では詳細未定)
となります。

 現時点(2017年6月下旬の時点)で公開されている諸情報によりますと、介護職の技能実習生の場合は、入国時には日本語能力試験という試験のN4相応、実習2年目以降は日本語能力試験という試験のN3相応であることが求められているようです。ところが、現行の日本語能力試験は、文法や語彙の正確な知識、聴解能力や読解能力という理解能力を問う出題が中心となっているようで、会話能力を問う問題や記述の問題など運用能力、産出能力を問う出題はないようです。試験の回答形式もマークシートで、4つ、または、3つの選択肢から1つ正しいと思われる選択肢をマークするという方式のものです。

 相当の頻度で対人のコミュニケーションでの日本語が必要であろう介護職の技能実習生(や留学生)の日本語能力を判定するために、会話試験がまったくない日本語能力試験が適当と言えるのでしょうか。当社/当センターは、前述のような限界がある日本語能力試験が介護分野の技能実習生(や留学生)の日本語能力を判定する基準としてかならずしも十分ではないように思っております。介護分野の技能実習生(や留学生)の場合、日本の生活常識、日本人の行動スタイルへの理解等も必要でしょうし、言語面で重要なのは、日本語能力試験に合格するかどうかということよりも、(どちらかといえば、)聴解能力と聞き取った内容に適切に対応することができるコミュニケーション能力(より正確には、日本語運用能力)なのではないでしょうか。

 当社/当センターの日本語教育サポートでは、日本語能力試験合格だけを目指すのではなく、日本語能力試験の合格と介護に必要なコミュニケーション能力を身に付けてもらうことを目標にしたいと思っています。

  なお、当社/当センターは、従来、技能実習生関連事業を行っておらず、そして、技能実習生関連事業関連のサポートやフォローも行っておりませんでしたが、現時点で当社/当センターが調査し介護業界関係者の方々のお話をお聞きしたかぎりでは、介護の技能実習生への日本語教育は大変難しい一面を抱えており、当社/当センターが行ってきた日本語教育に関するノウハウや知識をご提供できるのではないかと思われますので、介護職のベトナム人(外国人)技能実習生への日本語教育サポートと関連サポートに対象を限定し新たにサービスをご提供するものとし、その他の職種の技能実習生に関しては従来通りサポート等を一切行わないものとしたいと思っております。

  当社/当センターは、従来、技能実習生関連事業を行っておらず、そして、技能実習生関連事業関連のサポートやフォローも行っておりませんでしたが、現時点で当社/当センターが調査し介護業界関係者の方々のお話をお聞きしたかぎりでは、介護の技能実習生への日本語教育は大変難しい一面を抱えており、当社/当センターが行ってきた日本語教育に関するノウハウや知識をご提供できるのではないかと思われますので、介護職のベトナム人(外国人)技能実習生への日本語教育サポートと関連サポートに対象を限定し新たにサービスをご提供するものとし、その他の職種の技能実習生に関しては従来通りサポート等を一切行わないものとしたいと思っております。

 大変すみません、当社/当センターは介護を専門とするものではありませんが、日本の介護の現場や介護業界のことも勉強し、できるかぎり現状の把握に努めようとしており、介護サービスを利用されている方々や介護業界内外にいらっしゃる様々な立場の方々から引き続きご教示をいただきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

 なお、介護の技能実習制度に関する制度概要の発表が2017年7月以降にあるようですので、当社/当センターは、その内容をきちんと確認、精査、検討した上で、あらためて詳しいことをご案内する予定です。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 ご連絡、お問い合わせは、下記のEmailアドレスまでよろしくお願い申し上げます。
Email: [email protected]

関連情報

2017年6月

 管轄官庁の法律や通知等で取り急ぎ概要把握のために特に重要なものは、下記のもののようです(必要に応じて、適宜、補足するかもしれません)。

 当社/当センターのブログで恐縮ですが、下記のエントリーにも関連情報をご紹介しております。


当社の所在地・連絡先

 当社の所在地、連絡先は以下の通りです。

会社名: Anh Sao co.,ltd/アンサオ
センター名: Trung Tam tieng Nhat Nozomi/のぞみ日本語センター
所在地: No 4,Lane 5,Alley 106,Hoang Quoc Viet str.,Cau Giay Dist., Hanoi,Vietnam
電話番号: 84.4.3755.7746 (04.3755.7746)
担当者携帯番号: 090.452.5840(日本人担当者)/0987.832.470(ベトナム人担当者)
Email: [email protected]

地図

 ベトナム、ハノイ市、Hoang Quoc Viet通りのホアビンタワーから歩いて1~2分のところにあります。